読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大竹柵はベリーロールで

JRA障害レース(ジャンプレース)についてぐだぐだと

【回顧】1月31日 8R 牛若丸ジャンプステークス -京都-

回顧

予想↓ 

【予想】1月31日 8R 牛若丸ジャンプステークス -京都- - 大竹柵はベリーロールで

◎マサノブルース 9着
◯ファイヤー 2着
▲タマモプラネット 1着
△アルティシムス 7着 チョイワルグランパ 5着 ウォンテッド 3着

 

スタートを決めたタマモがそのまま大逃げ。影をも踏ませぬとはこの事でしょう。2着と2.2秒差と圧勝でした。飛越は伸びのあるスピードの落ちない理想的なものでしたが、何回かよれたりしていたので、まだまだ良くなる余地はありそうです。

個性的な馬が出てきたのは見てる方にとって、楽しみが増えた事でもあります。

ファイヤーは、やはりと言うかエンジンのかかりが遅いですね。1周目過ぎたところでもタマモと30馬身ぐらいありました。しかし、2周目向こう正面ではグイグイ押し上げていき直線に入るところでは2位集団に取り付いていました。あとは鬼脚で抜くだけでしたね。

ウォンテッドは離れた中断で脚を溜めて、ファイヤーより前目で直線に入ったんですけどね。ダートでの伸びもまずまずだったと思います。馬券には入れないといけない馬ですね。飛越は安定していました。

テイエムセイリュウはタマモを追いかけた馬で唯一残りました。次は注意ですね。

さて、マサノブルース。正直タマモが大逃げしたので映像だと後方の馬がどういう状況かは、わかりません(^_^;) 最後アルティシムスと脚色が同じくらいに見えたので休み明けの影響があったのかもしれません。これを叩いた次の全芝レースでまた狙いたいです。

 

今回は極端な展開だったので上位馬そのまま信頼するのはどうかと思いますが。。。これで人気が落ちるようならアルティシムスを阪神あたりで狙うのもいいかもしれませんね。

 

3連複的中でガミリました(^_^;)